IIKENHOUSE イイケンハウス | 長野県長野市 飯島建設株式会社 | 注文住宅・規格住宅・リフォーム

STAFF BLOGスタッフブログ

プランナー丸田 元
丸田 元

育児奮闘記 第1章「命名」

POST:2022.07.11

前回のブログで今春に子供が生まれることを報告させていただきました。

そしてついに5月に無事に元気な男の子が生まれてきてくれました。

お陰様で母子ともに健康で何よりでした。

その際はみなさんに沢山の温かいお祝いのお言葉をいただき誠にありがとうございました。

これから父親としてより一層お仕事も育児も頑張ります!

さて、そんな我が家の長男の名前ですが、「悠瑠」と書いて「はる」と読みます。

願いは山ほど込められた命名なのですが実はこの名前、字も含め奥さんがほぼほぼ決めてくれました。

ただ、お付き合いをしていた頃から将来誕生するかもしれない子供の名前は男の子と女の子の両方をお互い考えていたので、もちろん今回私も自分の案は出しました。

私の考えた名前は、男の子なら「信一(しんいち)」、女の子なら「瑠奈(るな)」であることを提言しました。

まず「信一」の由来は私の人生のバイブル漫画であるキングダムの主人公「信」からとり、さらに長男なので「一」、そして私の名前が「元(はじめ)」なので、「はじめ」と「しんいち」なら金田一とコナンそれぞれの主人公が揃い踏みの探偵一家じゃん!という主張

1秒で却下

そして女の子なら「瑠奈」で由来はこれまたキングダムに登場する可憐で芯のある女性キャラ「瑠衣」の「瑠」と、奥さんの名前にある「奈」をミックスさせることにより「瑠奈」となり、我が家は夫婦で宇宙に大変興味があるので、ローマ神話に登場する月の女神の名前が「ルナ」であることにもかかっている!という主張

3秒で却下

女の子の方が却下まで2秒長かったです。笑

みなさんもお子様の命名の際はそれぞれご夫婦で主張が色々あると思いますが、お子様が成長されれば学校の授業で発表する機会や、一生のうちに聞かれる機会は幾度も訪れますので、名前は由来含めしっかりと考えてあげましょう。

ただ奥さんの案で決定した「悠瑠」の名前には私もめっちゃ大納得していて、字も含めてとても気に入っています♡

私が「元」という字も画数も鬼のように簡単に書ける名前なので、悠瑠くん本人が習字や書道の時に墨が滲んでくっついてしまわないか少し心配ではありますが、テストとかも画数の少ないお友達に比べてちょっとだけ取り掛かるのが遅れるかもしれないが、そこは上手く早く書けるように一緒に練習しよう!

そんな悠瑠くんは日々母乳飲みまくりですくすくと育ちまくっています。

2600gで生まれて、1ヶ月検診の時には5200g、同じ時期に生まれた周りの子と比べるとうちの子が圧倒的にでかい。ビッグベイビーです。笑

今後もこのブログ内で子どもの成長の様子と私の奮闘ぶりを報告していきたいと思います。

資料請求 ご来場予約 プランナー無料相談 お電話でのお問合せ