IIKENHOUSE イイケンハウス | 長野県長野市 飯島建設株式会社 | 注文住宅・規格住宅・リフォーム

STAFF BLOGスタッフブログ

設計半田 克征
半田 克征

YUCACOの面白い利用法

POST:2022.05.17

YUCACO研究室長の半田です。今回は実際に行ったYUCACOの興味深い実験についてお話します。

御存じの通り、YUCACOは家中の空気を空調室に集め、そこから10数台の送風ファンで空調された空気を家全体に送るシステムです。

以前の私のブログで、YUCACOシステムの家で、焼肉などの臭いが発生した場合について説明致しました。その場合、一度は家全体に臭いは拡散しますが、時間の経過と共に約30分程度で臭いは消えると申し上げました。では臭いの発生源が空調室に存在し続けたら家の中はどうなるのか?・・・と考え、空調室に匂いの元となる芳香剤を設置して、実際に実験をしてみました。

私が行ったのは、空調室に消臭力(ラベンダー)という芳香剤(トイレ用)を置き、実験をしてみました。芳香剤を空調室におくと、1分もしないうちに匂いは家の中に広がります。

そして徐々に匂いが強くなっていきます。ある程度まで匂いが強くなると、それ以上、匂いは強くなりませんが、家中にラベンダーの匂いに包まれます。ですので、家の外から玄関に入ると家中がラベンダーの匂いがし、ラベンダー畑に迷い混んだかのようになります。ところが、匂いを嗅いでいると、空間の上下、場所によって匂いの強いところ、弱いところがある事に気づきます。

恐らく、全館空調と言っても風の通り道だったり、空気の澱む場所などの違いで、匂いの強弱が発生するのではないかと推測されます。また、家中がラベンダーになっていますので、ずっと家の中にいるとその匂いに慣れ、その匂いの良さに気が付かなくなってしまいます・・・。

ですが、今回の匂いの元はラベンダーで、しかもトイレ用の芳香剤なので、匂いが強めでしたが、これをアロマぐらいの弱い匂いに変えたり、色々な効能のある匂いにすれば、例えば勉強の集中力が増すだとか、リラックス効果が得られるだとか、様々な効能を家中で期待できるのではないでしょうか。

もちろん家族の中に一人でもその匂いを嫌う人がいれば、難しい面もありますが・・・。このようにYUCACOシステムは、工夫しだいでは違った使い方もありますので、是非、御検討をして頂ければ幸いです。

資料請求 ご来場予約 プランナー無料相談 お電話でのお問合せ